システムベッド 特徴

システムベッドの特徴とは?

システムベッドの特徴といえば、ベッド下のスペースを有効利用した収納力の高さでしょう。
しかし、今のシステムベッドはシチュエーションによって様々な形態へ変化するのです。
ベッドと机と本棚等、一体化したシステムベッドをお子様の最初の「個室」にする方は多いようです。

 

しかし、子供の成長は早いものです。
備え付けられた机では嫌がったり、スペースは収納に限定して机は別の場所に置きたい、と思ったりもするでしょう。
自分の部屋を作りたい、というのは自我の成長で非常に重要ですが、そう簡単にベッドも机も本棚も・・・と新しくはできません。

 

しかし、最近のシステムベッドには何段階にも分けて組み立てることができるタイプがあります。
通常のシステムベッドとしてスペースを有効利用したり、必要なパーツをつけることで二段ベッドにしたり、逆にパーツを引いてベーシックなベッドに棚だけをつけたりできるものがあります。
これなら、お子様の成長に合わせて本人の好みで変えられますね。